毛利家第13代毛利高範


維摩居士の「一黙雷の如し」の軸ですが、昭和57年に一黙を損失してしまい、今では

「雷の如し」の部分しかありません。

この軸は、佐伯藩最後の城主である第13代毛利高範(もうり たかのり)公が明治27年(1894)(123年前)

27才の時に書したものです。※最後の藩主は第12代毛利高謙(たかあき)公です。

慶応2年(1867)12月5日生まれで昭和14年(1939年)6月12日に東京の自邸で74歳で逝去しました。

肥後宇土藩主細川行真の長男として熊本に生まれ、豊後佐伯藩主毛利高謙の養子となり、

明治10年(1877年)家督を相続、明治17年(1884年)子爵となり華族に列せられました。

明治21年(1888年)ドイツに留学、速記術を研究、帰国し宮内省式部官に任命され

佐伯に帰り日本語速記の研究を続け、大正9年(1920年)毛利式速記術として発表、

速記学校を設立して教授しました。

妻は越後与板藩第10代藩主:井伊直安公の娘であり、長女の千代子さんは近衛文麿に嫁ぎ、

後に近衛文麿公は内閣総理大臣になります。

毛利高範公

最新記事
アーカイブ
正定寺について
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram - Black Circle
​行事
宝物
アクセス

879-3104 大分県佐伯市直川仁田原4097番地 | TEL 0972-58-2190 / FAX 0972-58-2192

©1523 syojoji. All Rights Reserved.