正定寺の大般若会

大般若会のご説明

孫悟空をお伴に連れ、遙か天竺(インド)に経典を求めて旅をする三蔵法師。

あの有名な西遊記は三蔵法師の徳を讃えた物語です。

三蔵法師は、正しくは〈玄奘三蔵法師〉 と云う中国の実在の人物です。

三蔵法師により伝えられた沢山の経典の中に、あの有名な《般若心経》の基になった

「大般若波羅蜜多経六百巻」があります。

法師が長い年月を費やして翻訳されたこの経典は、中国を初め日本でも古くから除災招福の功徳があるとされ

ています。

佐伯藩主・毛利伊勢守から賜った現在地に正定寺が再建された、元禄8年(1695)に第五世活門和尚が

新春1月16日に法要したのが正定寺大般若会の始まりとされています。

現在は、1月20日の大寒に行われ、300年の間、厄除け法要として続いています。

P1010015_5
P1010015_5
press to zoom
P1010023_5
P1010023_5
press to zoom
P1010003_5
P1010003_5
press to zoom
P1010019_5
P1010019_5
press to zoom
P1010025_5
P1010025_5
press to zoom
P1010026_5
P1010026_5
press to zoom
P1010029_5
P1010029_5
press to zoom
P1010041_5
P1010041_5
press to zoom
P1010043_5
P1010043_5
press to zoom
P1010048_5
P1010048_5
press to zoom
P1010044_5
P1010044_5
press to zoom
P1010046_5
P1010046_5
press to zoom
P1010066_5
P1010066_5
press to zoom
P1010069_5
P1010069_5
press to zoom
P1010073_5
P1010073_5
press to zoom
大般若札のご説明

お札は、六十億四千万字にのぼる「大般若波羅蜜多経六百巻」の祈祷札です。

玄関など人の出入りする場所にお祀り(張る)して、お札が家内を見渡し、お札の下を行き来して、大魔を払うよう

に致します。

大般若札を授かりたい檀信徒・関係者はご連絡いただければ郵送をいたします。

大般若経は全600巻に分かれていて、経櫃(教典を入れる箱)が12個(12支)にそれぞれ25巻ずつ

納められて正月・5月・9月に法要が行われます。

嘉永元年169年前に新調された大般若経櫃
(現在は使用していません)

現存する正定寺の大般若経は嘉永元年(1848)に正定寺第17代雄峯和尚の代に揃えられました。

発起人は伊豫國の元亮という方です。

この大般若経を求めるには多額の浄財を必要としますので、檀信徒に寄付をお願いして、

それぞれの巻末に寄付者の氏名を記しています。

現在の大般若経は第23世晋山式における特別寄付者や檀信徒寄付金の余剰を元に

昭和58年の第1回総代会(当時会長 小野農一さん)で新調された「高麗版」の大般若経を使用しています。

赤木(長野)・仁田原(椛ケ原・岸ノ上)の寄付者名

嘉永元年(1848)の時代の寄付者

嘉永元年に大般若経へ寄付したことの「覚書」

現在の教典巻数と奉納者
この大般若経は現在も寄付を受け付けています。
1巻(5,000円)を奉納すると末巻に氏名を記載します。
申し込みはこちら
14
14
press to zoom
34
34
press to zoom
44
44
press to zoom
24
24
press to zoom