正定寺の鐘楼門

正定寺鐘楼門略歴記

 

❖延享2年(1745)4月8日 (272年前)

 第九世寂水志堪和尚が鐘楼の造営及び大鐘を鋳鐘する(青銅:高さ3尺2寸・径2尺1寸)

大鐘の刻銘

❖宝暦12年(1762)2月15日 (272年前)

 第十三世透隣祖寔和尚が鐘楼を改修(同時に庫裡新築・方丈・寮舎・東司・廊地門も改修)

 

❖安永9年(1780) (237年前)

 第十三世透隣祖寔和尚が鐘楼を改築落成(二間・三間の茅葺き)

 

❖文政5年(1822)3月 (195年前)

 第十六世珍宗禅味和尚が鐘楼建立(一間四尺・一間半の丸瓦葺き)

 

❖安政4年(1857)中秋 (160年前)

 第十八世月渓祖梅(古心)和尚が鐘楼兼山門(鐘楼門)を落慶(同時に石段十六羅漢安置)

以前の鐘楼門

安政4年(1857)建立

この写真は大正5年(1916)(101年前)の第二十世鐵山義澄和尚葬儀(津送)

現在の鐘楼門

昭和13年(1938)建立

左側の樅の木が時代の流れを感じさせます。

(左手の鎮守堂は移動されました)

❖明治28年(1895) (122年前)

 第二十世鐵山義澄和尚が鐘楼門改修(同時に本堂新築・位牌堂新築・土蔵・長屋新築)と菩薩会厳修。

 

❖昭和13年(1938)5月15日(旧4月16日) (79年前)

 第二十一世千巖義光和尚が鐘楼兼山門(鐘楼門)を新築落慶

昭和13年5月15日(旧4月16日)に落慶した現在の鐘楼門

総代兼建築委員

戸高亀五郎小野嘉十郎長田松蔵小田常吉(会計)

矢野弥佑久保田弥佐蔵小野重太郎矢野秋蔵

廣瀬駒吉阿部繁蔵安藤弥吉平井熊蔵

尾形恒義竹元増太郎長田満二郎甲斐籐一

小野角太

現存の鐘楼門 第二十一世千巖義光和尚代

昭和9年に鉄筋コンクリートでの改築案が成立

昭和12年改築案を木造案に修正

昭和12年11月工事等落札

昭和13年2月に工事着手

昭和13年5月15日(旧4月16日)に落慶

総工費1786円

 

❖昭和17年(1942)11月22日 (75年前)

 第二十一世千巖義光和尚が大鐘を政府に供出

 

❖昭和51年(1976) (41年前)

 第二十二世豊嶽義弘和尚代に小野角太氏の一寄進で再鋳(高さ3尺1寸・径2尺)

昭和51年鋳造の大鐘(現在)

❖平成11年(1999)5月30日(旧4月16日) (18年前)

 第二十三世寿山士朗和尚が万人講にて鐘楼門改修

    

❖現在の山門

正定寺について
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram - Black Circle
​行事
宝物
アクセス

879-3104 大分県佐伯市直川仁田原4097番地 | TEL 0972-58-2190 / FAX 0972-58-2192

©1523 syojoji. All Rights Reserved.