平成23年初午会

寶林稲荷の由来

正定寺のお稲荷さんは、享保2年(1717)(300年前)に正定寺第八世住職の寛道崇廣和尚さんにより建立されました。

禅宗では寺院の鎮守さまとしてお祀りされています。

このお稲荷さまの正式なお名前を「寶林荼吉尼白晨狐王菩薩(ほうりんだきにはくしんこおうぼさつ)」と云います。

その菩薩様は、「巾着」に姿を変えてお祀りされています。

嘉永3年(1850)(167年前)の「正定寺年中行事」に『二月初午之日小豆飯添菜献膳之事』と記されています。

現在お祀りされている場所は、お稲荷様のお堂が建っていたので、今でも「堂屋敷」と云う地名です。

本年の初午は3月16日でしたが、21日のお中日に彼岸の法要と一緒に「初午法要」を致しました。

普段は稲荷堂に安置されている「寶林荼吉尼白晨狐王菩薩」は位牌堂に移動され法要を終えたあと

元の稲荷堂に安置されます。

この日は位牌堂へ安置されて法要が営まれました

正面の鏡の前に「巾着」があります。この巾着が菩薩さまです

法要後には元の稲荷堂へ安置されます

最新記事
アーカイブ
正定寺について
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram - Black Circle
​行事
宝物
アクセス

879-3104 大分県佐伯市直川仁田原4097番地 | TEL 0972-58-2190 / FAX 0972-58-2192

©1523 syojoji. All Rights Reserved.