正定寺の灌仏会

灌仏会(かんぶつえ)は、お釈迦さまの誕生を祝う行事です。

毎年4月8日に行われます。皆さんは「甘茶(あまちゃ)でおなじみだと思います。

正定寺も毎年甘茶を用意して参拝者のお接待しています。

お釈迦さまが旧暦の4月8日に生まれたという伝承に基づき、

降誕会(ごうたんえ)・仏生会(ぶっしょうえ)・浴仏会(よくぶつえ)・花祭(はなまつり)などの

名称で行事が行われ、お釈迦さま誕生の時に、龍が天から飛来して、香湯(ソーマ、アムリタ)を

そそいだという言い伝えで昔から甘茶を誕生佛にそそぎます。甘茶はお釈迦さまの産湯です。

この甘茶を無病息災のために飲んだり、硯の水に使うと「習字が上達する」とか家の周りに撒くと「まむし除け」に

なると言われたりします。

平成21年4月8日のスナップ

平成22年4月8日のスナップ

平成23年4月のスナップ

最新記事
アーカイブ
正定寺について
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram - Black Circle
​行事
宝物
アクセス

879-3104 大分県佐伯市直川仁田原4097番地 | TEL 0972-58-2190 / FAX 0972-58-2192

©1523 syojoji. All Rights Reserved.